新着情報

スポーツ外傷とスポーツ障害の違いとは

g_06_01

スポーツによる怪我はスポーツ外傷とスポーツ障害に分けられ、このふたつは似ているようで違います。

それぞれの特徴を知識として身につけておくと、処置をする際に役立ちます。

【スポーツ外傷とは】
スポーツ外傷とは、プレー中に外部からの強い力が加わることで生じる怪我です。
プレー中のアクシデントや事故によって一回の強い衝撃で生じることが多く、怪我の原因がはっきりと分かります。スポーツ外傷は主に衝突や転倒などによる捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼・筋断裂などが見られます。例えば、ラグビーでのプレイヤー同士のタックルによる肩関節脱臼、バスケットボールでの突き指、サッカーでの足関節捻挫などが代表的です。

【スポーツ障害とは】
スポーツ障害はスポーツ外傷と異なり、一部の筋肉を使いすぎること(オーバーユース)によって引き起こされる怪我です。スポーツ障害には怪我の原因がはっきりとしないものが多く見られます。主に体に負担を強いるトレーニングを継続することによって、疲労が蓄積され筋肉や靭帯などが損傷して生じることが多いようです。

例を挙げると、野球での過度な投球による野球肘や成長期中の激しい運動によるオスグッド・シュラッター病などです。

慢性的な症状は、鍼灸施術や根本的な原因を改善する矯正施術の自費の施術となります。

【スポーツ外傷やスポーツ障害の応急処置】
どんなに外傷や障害を未然に防ぐ努力をしても、スポーツに怪我はつきものです。怪我をしたときは、適切な処置を施しましょう。スポーツ外傷やスポーツ障害を引き起こした場合は「RICE」を活用します。

RICEとはRest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)の頭文字を取ったものです。足を捻った場合はスポーツを中断して横になって安静にします。次は氷を入れたアイスバックなどを使って捻った足を冷やしてください。そして、弾力性のある包帯を患部に巻きつけて圧迫し、台やクッションなどを活用して心臓より高い位置に持っていきましょう。

また、応急処置を終えた後は、整形外科や整骨院で適切な施術を受けることが大切です。

 

Image

2016.08.02

pageTop