新着情報

交通事故にあった場合の対処法

g_03_01
交通事故は予測することが難しく、自分が気をつけていても相手の不注意や道路状況などによって事故に巻き込まれてしまうことがあります。
交通事故にあったときは落ち着いて対処することが大切です。いざというときに備えて、交通事故にあった場合の対処法についての知識を身につけておきましょう。
【すぐに警察や病院へ連絡する】
万が一交通事故にあった場合、その場で示談をせずに必ず警察を呼びましょう。損害賠償など後々のトラブルを防ぐためにも警察の事情聴衆を受けて、事故の当事者同士で話し合うことが大切です。
【相手の確認と事故現場での記録】
警察の到着を待っている間は、最低でも相手の氏名・住所・連絡先などを確認しましょう。
できれば相手の車両のナンバーや自動車保険なども確認しておくことをおすすめします。また、事故現場の記録を残しておくことも大切です。写真やメモなどを残しておくことで、後で詳しく思い出すヒントになります。
【その日のうちに医師の診断を受ける】
事故直後はそれほど不調を感じなかったとしても、事故後に体の異変があらわれることがあります。
交通事故によるむちうちは、事故で大きな衝撃に受けて首周りの筋肉や靭帯が損傷することによって引き起こされます。骨折や捻挫も症状によっては、リハビリを必要とする後遺症を招いてしまうおそれがあるため注意が必要です。
そのようなつらい症状を防ぐためにも、初期での適切な処置が欠かせません。その日のうちで医師の診断を受けて、病院での交通事故治療を受けましょう。
また、病院での交通事故治療と併せて整骨院での施術を受けることで、様々な方法で痛みに対してアプローチすることが可能です。
せき整骨院は平日夜21時まで予約優先性で受付しておりますので、仕事が忙しい方でも通院しやすくなっております。
その日のうちに医師の診断を受けるImage

2016.08.02

pageTop