新着情報

女性の腰痛の原因

g_07_01
昨今は生活環境の変化によって、お年寄りの方だけでなく若い方も腰痛に悩む方が増えてきました。症状改善のために、鍼灸院や整骨院を利用する方も多いのではないでしょうか。
特に腰痛は男性よりも女性の方が腰痛に悩まされることが多く、女性特有の原因で腰痛になることがあります。
女性の方は症状改善のためにも、腰痛の原因について知っておきましょう。
【ダイエット】
女性は男性よりダイエットをすることが多く、ダイエットの方法によっては腰痛を引き起こす場合があります。間違ったダイエットをしてしまうと、女性ホルモンである「エストロゲン」を作り出す原料である体脂肪が減り、体内のエストロゲンの量が低下します。
エストロゲンはカルシウムを溜めて骨を強くする役割があります。そのため、エストロゲンが減ると骨が脆くなって、背骨への負担が増し腰痛が現れる場合があるのです。
【ハイヒール】
女性らしい足元を演出してくれるハイヒールですが、不安定なハイヒールを履くと歩き方が不自然になりがちです。
極端にかかとが高い・細いなどのハイヒールを履くと、前のめりになって猫背になりやすく、バランスをとるために腰を突き出した姿勢になることが多いです。
このように姿勢が悪くなると腰に負担がかかり、腰痛を引き起こすことがあります。
g_07_02
【冷え】
体が冷えると疲労物質が蓄積されて筋肉が疲労しやすく、腰痛を引き起こす場合があります。女性は男性よりも筋肉量が少なく、子宮・卵巣・月経があるため体が冷えやすい傾向にあります。筋肉は熱を作り出す役割があり、筋肉量の少ない女性は体が冷えやすくなります。
また、女性は子宮・卵巣があることで腹部の血流が悪くなりやすく、月経による出血で血液から熱が運ばれにくくなるため、体が冷えやすいのです。
【妊娠】
女性は妊娠することでお腹が大きくなり、背骨が前にせり出して体重が増えることで腰に負担がかかるようになります。また、出産の準備のために「リラキシン」と呼ばれる骨盤を柔らかくして広げるホルモンが分泌され、骨盤が不安定な状態になります。この状態の時に刺激が加わると骨盤が歪み、腰痛に繋がる場合があるのです。

2016.08.02

pageTop