産後骨盤矯正

鍼灸施術

「鍼灸」、特に鍼とお聞きになられると、「怖い」・「痛そう」という声を多くいただきますが、受けていただいた後はイメージが変わったという方が多いです。

鍼の施術で使用する鍼は、0.17mm~0.33mmと、とても細く弾力のある物を使用しますので、非常に痛そうですが、あまり痛くありません。
皮膚の表面には、痛みを感じる痛点や毛穴が数多くあるので全てを避けることはできませんが、鍼管という筒状の管を使い、鍼を刺入することにより皮膚に刺さるときの抵抗が少なくなり、痛みを最小限におさえることができます。
皮膚に刺入された時には痛みを感じませんが、深く刺入された時に「ズシーン」と重たいような痛みを感じることがあります。これは、「ひびき」と言われ、感じ方は、人それぞれ個人差がおおきく、好きな人と嫌いな人がいらっしゃいます。

鍼イメージ

お灸

お灸というと、「やけどしそう」「お灸のあとがのこる」「我慢できないくらい熱そう」といった声を多くいただきますが、最近では熱くない、あとが残らないお灸がメインとなります。
熱の刺激の量も、患者様に確認をとりながら施術させていただきます。

お灸イメージ

鍼灸施術が有効性のあるもの

運動器系
肩こり・五十肩・腱鞘炎・腰痛・リウマチ・外傷の後療(打撲、むちうち、捻挫、骨折)頚肩腕症候群など
神経系
神経痛・神経麻痺・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠など
循環器系
動悸、息切れ・高血圧症・低血圧症・動脈硬化
呼吸器系
気管支炎・喘息など
消化器系
胃腸(胃炎・胃酸過多・下痢・便秘)肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍など
代謝分泌系
貧血・痛風・糖尿病など
婦人科系
更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・乳腺円・冷え性・不妊など
生殖・泌尿器
膀胱炎・尿道円・性機能障害・腎炎など
耳鼻咽喉・眼科系
中耳炎・耳鳴り・難聴・メニエル病・へんとう炎・眼精疲労など
小児科系
小児喘息・夜尿症・消化不良・アレルギー性湿疹・耳下腺炎など

鍼施術は、痛みに対する効果が高く評価されています。
鍼の刺激により分泌されるモルヒネのようなホルモンが、痛みを抑える効果があり、痛みを脳に伝える神経のブロックする為に痛みの緩和に有効です。また、セロトニンなどのホルモンが分泌され自立神経のバランスを整えることで、ストレス性の症状にも効果があり、内臓の働きにも効果があります。
血流やリンパの流れがよくなるので、筋肉のこりや張りにも効果があり、リフトアップ、美肌にも効果があります。
当院のスタッフが、一人ひとりに合わせた施術をさせていただきます。
肩こり・腰痛をはじめ上記の症状でお悩みの方は、お気軽に、ご相談下さい。

お灸イメージ

pageTop